PR
※当サイト内で「広告」を表示する場合があります

生成AIでアフィリエイトサイトの構築について

今回は「生成AIでアフィリエイトサイト」の構築について、です。
ニュースなどで「AI」について報道されてるので、ご存じの方も多いと思います。
いつ頃から注目を浴び始めたのか?ということで、簡単な解説をしておきます。

生成AI(Generative AI)が注目を浴び始めたのは、特に近年のことです。生成AIは、大量のデータを学習し、それに基づいて新しい情報やコンテンツを生成する能力を持つもので、この技術の進歩によりさまざまな分野での活用が広がっています。

特に、以下の時期に生成AIが注目を浴びました。

2018年 – 2019年:
OpenAIがGPT-2を発表し、その強力な文章生成能力が話題となりました。このモデルは初めて、大規模で高度な文章の生成が可能となり、多くの議論や関心を引き起こしました。

2020年以降:
GPT-3がOpenAIによって発表され、より大規模かつ高度な生成モデルが提供されました。これにより、生成AIの可能性が更に広がり、企業や研究者、開発者が様々なアプリケーションでこれを活用し始めました。
生成AIは文章生成だけでなく、画像、音声、コードなどの生成にも利用され、様々な業界で革新的なアプローチが生まれつつあります。そのため、継続的な進歩とさらなる応用が期待されています。

生成AIの今後の展望:
生成AIは、今後も進化し続けると予想されます。具体的には、以下のようなことが期待されています。

さらにリアルな画像や文章を生成できるようになる。
より複雑なタスクを実行できるようになる。
より多くの分野で活用されるようになる。
生成AIは、私たちの生活や社会を大きく変革する可能性を秘めた技術です。今後の発展に注目していきましょう。

ざっと解説しましたが、内容はAIを使いました(時間は5~6秒程度)。

ということで実は、このアフィリサイトもAIを利用しています。
主に、
・リサーチはAIにお願いし
・内容を法に触れていないか?等の確認と文章(私)を追加する。
と、作業分担をしています。

因みにリサーチについては、「ChatHub-オールインワンチャットボットクライアント」という拡張機能を利用しています。複数のAI「 ChatGPT、Bing Chat、Google Bard、Claude 2、Perplexity等」が同時に利用できます(ブラウザはChrome)。

詳しくはこちらをご覧ください。

サイトやブログでの利用は可能ですが、メリットやデメリットなど注意する点がありますが、長くなるので続きは次回にお話しします。

続きを読む