PR
※当サイト内で「広告」を表示する場合があります

生成AI、訴訟相次ぐ著作物の対価巡り

近年、生成AI技術の発展とともに、著作権侵害や人格権侵害など、さまざまな訴訟問題が起きています。

 【シリコンバレー時事】生成AI(人工知能)を巡る著作権訴訟が相次いでいる。  作家や芸術家の作品のほか、報道機関の記事を無断でAIに学習させたとの訴えが多数を占める。生成AIは、文章や画像を容易に作成し活用できる道を開いた一方、人間が心血を注いで作った著作物の適正な対価の在り方が問われている。

出典:生成AI、訴訟相次ぐ 著作物の対価巡り

私もAIを利用している関係で、気を使っている部分ではあります。

主な争点は

  • 生成された作品が著作権侵害にあたるかどうか
  • 生成AIの学習データに著作権侵害にあたるもの含まれているかどうか
  • 生成AIの利用者が著作権侵害責任を負うかどうか
  • 生成された作品の人格権侵害にあたるかどうか

等々が挙げられます。

今後の課題については、

  • 生成AI技術の発展に伴い、新たな訴訟問題が生まれる可能性
  • 著作権法や人格権法などの法体系の整備
  • 生成AIの利用における倫理的なガイドラインの作成

など、急激な生成AIの発展に法整備が追い付いていないのが現状で、立法や規制の発展は、このような問題に対処するために重要な役割を果たすことが期待されます。

※参考:生成系AIに関する訴訟・法的対応一覧:https://w.atwiki.jp/genai_problem/pages/50.html