PR
※当サイト内で「広告」を表示する場合があります

アフィリエイトと薬機法につて

今回のテーマは「薬機法」です。

薬機法とアフィリエイトの関係について、あなたはどれだけご存知ですか?

この記事では、薬機法とは何かから始め、アフィリエイト記事で違反になりやすい表現、そして正しいアフィリエイト記事の書き方まで、解説します。

さらに、薬機法に準拠した記事の例や最新の法改正情報、違反を避けるための参考資料もご紹介します。アフィリエイターなら必読の内容ばかりです。

1.薬機法って何?

薬機法は、医薬品、医療機器、化粧品などの品質、有効性、安全性を確保するための法律です。

アフィリエイターは、薬機法を遵守し、誤解を招く表現や虚偽広告を避ける必要があります。違反すると、数十万円の罰金が科されることもあるので注意が必要です。

1-1.薬機法の概要

薬機法は正式名称を「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性に関する法律」といい、医薬品、医療機器、化粧品などの安全性を確保し、国民の健康を守るための法律です。

この法律では、これらの製品の製造販売、広告、使用などについて様々な規制を設けており、アフィリエイターも例外ではありません

1-2.アフィリエイターが知っておくべきポイント

アフィリエイターは、薬機法に違反しない記事を作成する必要があります。
主なポイントは以下の3つです。

誇大広告や虚偽広告を避ける

  • 例:「確実に痩せる」「病気を治す」などの表現はNG
  • 効能・効果の表現に注意する
  • 承認された効能・効果のみを記載する
  • 医療品と食品の区別を明確にする

体験談の書き方に注意する

  • 個人の感想であることを明示する
  • 効果を断定するような表現は避ける

違反した場合、数十万円の罰金が科されることもあるため、これらのポイントをしっかりと理解し、記事作成に臨みましょう。

ポイント

  • 100文字程度なので、簡潔にまとめる。
  • 専門用語は避け、分かりやすい言葉を使う。
  • アフィリエイターにとって特に重要な3つのポイントを認識する。
  • 違反した場合のリスクを明示する。

1-3.違反した場合の罰則

薬機法に違反した場合、以下の罰則が科されます。

  • 2年以下の懲役または200万円以下の罰金、もしくは両方が科される
  • 薬事法違反の場合、5年以下の懲役または500万円以下の罰金、もしくは両方が科される
  • 令和3年から、売上高の4.5%以下の課徴金が加算される
  • これらの罰則は、アフィリエイターにも適用されます。

2.アフィリエイト記事で薬機法違反になりやすい表現

アフィリエイト記事で薬機法違反になりやすい表現には、以下の3種類があります。

1. 誇大広告・虚偽広告

  • 例:「確実に痩せる」「病気を治す」などの表現
  • 根拠のない効果を謳ったり、事実と異なる情報を記載することはNG

2. 効能・効果の表現

  • 承認された効能・効果のみを記載
  • 医療品と食品の区別を明確に
  • 「病気を治す」はNG、「予防する」はOK

3. 体験談の書き方

  • 個人の感想であることを明示
  • 効果を断定するような表現は避ける
  • 体験者の年齢・性別・体質などを記載

※1-2にも記載しています

2-2.効能・効果の表現

薬機法で定められている効能・効果のみを記載し、誇大表現は避けましょう。

ポイント

  • 医薬品と食品で表現方法が異なる。
  • 医薬品は「治す」「予防する」、食品は「健康維持」「栄養補給」
  • 具体的な数値や根拠を示す場合は、出典を明記する。

NG例

  • 医薬品:確実に風邪を治す
  • 食品:シミを消す

OK例

  • 医薬品:風邪の症状を緩和する
  • 食品:シミの原因となるメラニンの生成を抑制する

体験談は、個人の感想であることを明示し、効果を断定するような表現は避けましょう。

ポイント

  • 個人の感想であることを明記する。
  • 効果を断定するような表現は避ける。
  • 体験者の年齢・性別・体質などを記載する。

NG例

  • このサプリメントを飲んでから、確実に風邪をひかなくなった。
  • この化粧品を使ったら、シミが消えた。

OK例

  • このサプリメントを飲んでから、なんとなく風邪をひきにくくなった気がする。
  • この化粧品を使ったら、私の場合はシミが薄くなったように感じる。

3.薬機法違反を避けるための参考資料

参考資料例

補足

  • 記事作成前に必ず参考資料を確認
  • 最新の情報を確認
  • 専門用語は避け、分かりやすい言葉を使う

注意

  • 薬機法は複雑な法律
  • 違反は罰則を受ける可能性
  • 不明点は専門家に相談

まとめ

アフィリエイトはインターネット上で商品やサービスを紹介し、その紹介によって発生した成果に対して報酬を得るビジネスモデルです。

一方、薬機法は医薬品や医療機器の販売や広告に関する法律であり、医療情報の正確性や適切な情報提供を求めています。

アフィリエイトと薬機法の関係においては、医薬品や医療機器に関する情報の提供には特に慎重さが求められます。薬機法では、医薬品や医療機器の広告や販売において、健康被害や不正確な情報による混乱を防ぐための規制が定められています。

そのため、アフィリエイトにおいて医薬品や医療機器の紹介を行う際には、薬機法の規定を遵守することが不可欠です。

具体的には、アフィリエイトにおいて医薬品や医療機器を紹介する際には、正確かつ客観的な情報提供が求められます。また、個々の商品やサービスに関する効能や効果、使用方法などについての情報提供は、厳密な検証を経て行われる必要があります。

さらに、虚偽や誇大広告、健康被害を引き起こす可能性のある情報の提供は厳禁です。

このように、アフィリエイトと薬機法は医薬品や医療機器の情報提供において密接な関係を持ちます。アフィリエイト業者やウェブサイト運営者は、薬機法の規定を遵守しつつ、正確な情報提供を行うことで、消費者の安全と信頼を確保する重要な役割を果たすことが求められます。

記事作成の際は、上記のポイントを踏まえ、薬機法に準拠した記事作成を心がけましょう。

※ 情報については正確を期しているつもりですが、誤った記載があればご容赦ください。
※長文駄文で申し訳ありません。