PR
※当サイト内で「広告」を表示する場合があります

ブロック・削除した55億件の広告のうち多かったのは、マルウエアだった!

ここでも何回か記載しましたが、「Googleがネット広告の安全性に関する報告書「Ads Safety Report 2023年版」を公表」というニュース。

詳しい内容はこちら。

米国Googleは、インターネット広告の安全性に関する2023年の報告書「Ads Safety Report 2023年版」を3月27日公表した。ポリシーに違反するとして掲載をブロックするか削除した広告は前年から3億件増え、55億件に達した。生成AI(人工知能)の普及で不正広告が増える中、自社の生成AI「Gemini」で検知技術を高めた。
出典:Googleがネット広告の安全性に関する報告書「Ads Safety Report 2023年版」を公表

ブロック・削除した55億件の広告のうち、10億4000万件が「マルウエア(悪意あるソフト)を含むコンテンツの宣伝」だったそうです。

この広告は、どこに表示されるのか?

疑問を感じた私は「Ads Safety Report 2023年版(英語)」を見に行きました。

表示されたPDFに「youtube」で検索をかけて該当する部分を翻訳しました。結果、
・人々が検索する検索窓
・youtube
・ディスプレイで表示される広告(リスティング?)

ユーチューブもチェックしていたので良かった・・・。

MLBの動画を見ていても、低レベルのAI動画は相変わらずですが、詐欺まがいの広告は減ったような気もする(私だけ?)。